【女性必見|シンクロニシティ】中イキ・脳イキを本当にしたいのであれば、努力とマインドが必要という話

こんにちは、福岡、北九州、久留米を中心に2016年より活動をしています、M人妻性感マッサージ・セックスカウンセラーの「P-Always」のマサトです。

M性感マッサージだけに限らず、通常のセックスで中イキや脳イキを経験したい女性は沢山いらっしゃいます。

ボクも、百発百中で中イキをさせれるわけではありません。でも、今まで味わったことがないような快感を与えられる自信はあります。

もちろん、大前提の話として、セックスをする男性の「セックスに対するテクニック」「女性に対する思い」がなければ女性を気持ちよくすることはできません。

でも、じゃあ、セックステクニックが上手い男性とセックスをすれば、中イキができる、もしくは、すぐに中イキが出来ないとしても、今まで感じたことのないような脳天に電気が走るような快感を得ることができるのか?と言われれば、決してそうではありません

セックスはシンクロニシティ|お互いの無意識の気持ちの繋がり

セックスは気持ちです。

例えば「オマンコを触ると気持ち良い」「クリトリスを触ると気持ち良い」のケースを考えてみてください。

「気持ちがエッチなモード」になっていない状況、例えば

  • 自転車に乗ってサドルに陰部が擦れている
  • 鉄棒をしていて陰部が擦れている
  • クリトリスに痒みがあり、クリトリスをかく

この時に感じる事がないのは、意識として「エロ」を意識していないからです。

エロを意識せずに触ったあと、結果論としてオナニーしたくなったというのは別です。

「クリトリスを触る時は全て気持ち良い」のであれば、女性は自転車にすら乗ることができません。

つまり、大前提の話として「気持ち良いことをしてもらうからクリトリスを触って欲しい」「オナニーをして気持ちよくなりたいからクリトリスを触る」と言う「エロの気持ち」があるからこそ、クリトリスを触ると感じるわけです

男も全く同じです。男は金玉を触ると落ち着きます(笑)金玉、竿をモミモミするのですが、その時、勃起する事はありません。

ココが、セックスはマインドという部分の根底の話となります。オナニーと違い、セックスは相手がいるものです。男性も女性も共通で、セックスは相手がいます。

セックスは対人で行うものです。当たり前ですが、この当たり前がわかっていないからお互いが気持ちよくありません

シンクロニシティーというのは、潜在意識の中で共通している認識だったり、顕在意識では表現できないような「偶然と思えるような一致」「同じような行動」の事を言います。

例えば

シンクロニシティ
  • ずっと連絡を取ってなかった友達のことを考えていたら、友達から連絡が来た
  • ある人のことを考えていたら、普段ではありえないような場所(街角や飲み屋)で出会った
  • 人と同じタイミングで同じ事を考えていた

この様な経験をしたことはあると思います。コレがシンクロニシティ。

つまり、自分が主体、自分の気持だけでは気持ち良くなることはできず、あなた自身も「中イキ」「気持ちよくなる」為の努力や意識をする必要があるということです。

「イキたい!!」と心の底から思う気持ちが大事なんです。だから、どんどん男性が仕掛けたキッカケ、リードで乱れていく。受け身だけど、マインドでは受け身じゃダメ。

僕がリピーター様が多い、宣伝なしでも予約が取れないというのは、こういう基本的な部分が出来ているからだと思います。

自分も気持ち良くなりたいと強く思う。そうすることで、男性側もシンクロニシティを感じ、結果お互いの波長が合い、お互いが気持ちよい空間が出来上がります。

シンクロニシティは思いやりの部分であり、僕が「女性のことを陶器と思っている」という部分は、話の節々、セックスの節々で女性がシンクロニシティで感じてくれる

そういったところで、お互いが無意識で意識の共有をするわけです。

信じるモノは救われる|相手を信じること

もう1つは「信じる事」です。これはシンクロニシティの理屈を分かれば理解出来ると思います。

どーせ、セックスなんて男の勝手な。。とか、指マンとかオモチャとか気持ち良かったためしがない、、とか疑っていてはダメという事です。

セックスは話した瞬間、出会った瞬間から始まっているとよく言われます。

催眠術などの例を見れば分かる通り、疑っている人はかかりにくいです。番組的なモノで「かからない方がネタ的に面白い」企画であれば、疑って疑問の念を持ち催眠術にかからないのも良いでしょう。

しかし、僕の性感マッサージを受ける女性が、時間とホテル代を負担してまで気持ち良いことをしたいのであれば、(僕のテクニックを)疑っているという部分で、すでに中イキの状況から遠のいているといえます

シンクロニシティの部分で考えれば

  1. こいつ本当にセックスが上手いのだろうか?クンニは本当に気持ちいいのだろうか?指マンは本当に気持ちいいのだろうか?
  2. テクニシャンの「P-Always」のマサトさん…この人からエロい事をされて今まで経験したことのないような快感を味わいたい!

この二通りの女性に、僕が全く同じ環境で、全く同じ性感マッサージをしたとしても、二番目の女性が圧倒的に感じるのは間違いないです。

僕が、フェミニストで「女性を気持ちよくさせたい」と本心で思っている気持ちが、無意識で女性に伝わっているのと同様、「こいつ本当にセックスうまいの?」とあなたが思っている気持ちも、言葉にせずとも様々な態度やシンクロニシティで僕に伝わるということです。

僕に伝わるということで、僕自身が意識せずとも、普段の100%の力を出せない可能性も出てくるという事

そうなってくると、シンクロニシティは無意識レベルで動いていることですから、顕在意識に出さなくても、お互いの態度でそれぞれ違和感が起こってきます。

心理学で返報性の法則というモノもありますが、これもシンクロニシティと似てる現象だと言えるでしょう。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱く

Wikipediaより

ホテルに着いた時には、パンツがグチョグチョになっていて耳元で囁いたら痙攣を起こしてイッた女性

僕のお客様の中には、初めて会ったとき、ホテルに行くまでにパンツを大量に濡らして、ホテルに着いてシャワーを浴びる前に「エッチな子だね」と囁くと、痙攣してエクスタシーを迎えた女性がいます。

中イキ、脳イキなどとも呼ばれる現象ですね。

そして、リピーターの女性の多くは、僕に対しての期待値、実際に性感マッサージを受けてもらった時の信頼感や安心感があるため、待ち合わせの時にはすでにセックスモードに入っています。

中イキ・脳イキをするのは自分自身の意識の持ちようも非常に重要である

セックスが上手い男性、女性のことを主体として考えている男性とセックスをすれば、基本的に気持ちよくなれます。

でも、セックスは相手ありきというのを忘れてはいけません。

気持ち良くして欲しいのであれば、自分自身もパートナーを信じる。これは男も女も同じです。

自分の気持ちは相手に必ずシンクロニシティで伝わります

若い時に行っていたデリヘルや風俗も、「フェラチオが大好き」「男性に気持ちよくなって貰いたい」と思っている風俗嬢の女性のフェラチオは伝わります。感じ方も伝わります。

だからクンニも一生懸命にやるのです。

「ヘルスに来る男でクンニする人とか殆んどいないよ」とよく言われていましたが、シンクロニシティ、ギブアンドテイクの気持ちで考えたとき、お互いの気持ちが分かるからこそ「この人に気持ちよくなって欲しい」とお互いが思えるようになるのです。

だからフェラチオも気持ち良いフェラチオになる。

それは、元を考えたとき、「男性に気持ちよくなって欲しい」と言う女性自身のスタートから始まっているともいえます。

でも、男性が下手くそな場合、残念ながらシンクロニシティの法則は伝わりません(笑)

そもそも経験値も、勉強する気持ちも、女性をいたわる気持ちもない自分勝手なセックスしか考えていない男ですから…^^;

でも、僕のように性感マッサージを趣味でやっている男に性感マッサージをしてもらえればオールOK!というわけでもないのです。

あなた自身がまず僕を信じること。

疑いを持ったり、疑問の念を持ったりすれば、それだけ中イキ、気持ち良さから離れていってしまうことを忘れないでください^^

今月の予約状況

*コロナ等で変更がありますので、まずはお問い合わせ下さい。リピーター様は直接連絡して下さい。リピーター様は一度お会いしていますので、コチラの人数枠以外のフレキシブルな対応をするケースが多いです。枠と時間的な部分での仮のスケジュールの目安です。出来る限りフレキシブルに対応しますので連絡してくださいね^^

【2021年5月】 約5名 → あと2名程度
【2021年6月】 約5名 → あと1名程度
【2021年7月】 約5名 → あと3名程度
42年間、イッたことのなかったリピーター様の人妻も、トロけるクンニと施術で、3回目でここまで淫らになりました。25秒辺りからゾーンに入っています。*音が出ます

>>【マサト施術動画】クリオナニーしかイッたことの無い30代女性が、初めての脳イキ・中イキで12分以上イキッぱなしになった動画
>>【お読みください|条件やPolicy】性感希望の女性へ
>>Q&A色々
ホテル代のみ頂いていますが、上限は4,000円で、それ以上は僕が負担します

>>施術前の質問はコチラ
>>施術の申し込みはコチラ
>>LINEのお問い合わせはコチラ
>>カカオトークでのお問い合わせはコチラ
>>メールのお問い合わせはコチラ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事